市進ホールディングス

サービス内容

セミナー

 

≪予備校・学習塾の教師養成のノウハウに学ぶ≫ 社内外での学習会・勉強会に活かす「教え方を磨く講座」(基礎編)

知識があってもその教え方に問題があって、お客様や社内外のメンバーに学習効果の高い教育ができていないケースが多くなっています。
実際に多くの方が、これまで効果的な「教え方」について学んだ経験がないということもあり、属人的になっているのが実情ではないでしょうか。
この講座では主に社内外で学習会・勉強会を企画する際に、受講者視点で内容をどのように構成し、その中でどのような演習やインストラクションに持ち込めば、学習効果の高い内容になるかを
理論に基づいてお伝えしていきます。講師は塾・予備校業界で1000名以上の講師を育成してきたトレーナーズトレーナーで、現場の実践に基づく使えるノウハウが満載。
社内で講師を担当されている方、取引先でレクチャーをしている方、OJTで後輩指導を任されている方など、教え方の基礎基本を学びたい方に最適な講座です。

内容
  • 第1部 教え方には3つの領域がある
    1 運動技能(スキル)を備えさせるための教え方
    2 知識や解答力を備えさせるための教え方
    3 やる気など態度を備えさせるための教え方
  • 第2部 学習会・研修で使える効果的な教え方の手順
    1 導入にちょっとした工夫を盛り込む ~ARCSモデル~
    2 学習が定着する学ばせ方の手順 ~ガニェの9教授法~
    3 学習会・研修を企画する際のポイント ~ADDIEモデル~
    4 学習会・研修を評価する際のポイント ~カークパトリックの4段階モデル~
  • 第3部 講師力が上がる5つの視点と25のポイント
    1 基本姿勢 ~話し方、伝え方~
    2 受講者マネジメント ~巻き込み方、寝かせない方法~
    3 考えさせる方法 ~効果的な発問、レベルに応じた発問~
    4 教材の使い方 ~図や表をいかに使いこなすか~
    5 双方向の生み出し方 ~一方通行では飽きられる~
  • 第4部 教え方を業務に活用するために
    1 教え方の悩みにお応えします ~課題の共有とアドバイス~
    2 1対1で教える際の要点 ~ティーチングとコーチングの使い分け~
    3 大人の学習と子どもの学習の違い~エキスパートと入門者でも教え方が異なる~
    4 学習会の効果を高める工夫 ~ふりかえりのさせ方が重要~
    5 演習の作り方 ~可視化・共有・相互フィードバックの効果~
概要
日時 2019年11月19日(火)10:00~17:00
会場 一般社団法人 日本情報システム・ユーザー協会(ユニゾ堀留町二丁目ビル2階)
定員 20名
費用 JUAS会員/ITC:33,000円 一般:42,000円(1名様あたり 消費税込み、テキスト込み)
講師 細谷 幸裕 (株)市進ホールディングス コンサルティング事業研究所 所長
主催 一般社団法人 日本情報システム・ユーザー協会